秋こそ美白!今こそお手入れ始めよう

夏のおわりとともに、美白を謳う化粧品の宣伝は減り、一気に保湿アイテムの猛プッシュが始まります。もちろん乾燥の季節に向けて保湿は重要。でも、美白って秋にこそすべきだって知ってますか?

美白とは?

普段何気なく使ったり、聞いたりする単語「美白」。漢字や響きなどから、「肌を白くする」ものだと勘違いしている人もいるかもしれません。美白化粧品の注意書きにもよくあるように、美白とは「メラニンの生成を抑え、シミなどを防ぐ」ことを指します。よって、「肌色を変える」ことや「シミを消す」ことまでは触れていないのです。黒人の方が美白化粧品を使って肌色が白くなってしまうなんてことはありませんよね。あくまで化粧品であり、薬ではないため、肌色が目に見えて白くなることはありません。くすみをとったり、肌ムラが改善されることによって肌が明るくなり、白くなったと思い込んでいるだけなのです。

なぜ「秋こそ美白」?

秋は効果がわかりやすい

夏こそたくさんの紫外線ダメージを受けるため、美白に力を注ぐ人も多いはず。でも、日々紫外線を浴び続けているので、せっせとお手入れしたところで効果が見えにくいもの。それよりも、夏に比べると比較的やわらいでくるこの時期に美白をスタートさせたほうが、目に見えた変化を感じやすいのです。時間をかけてケアしても、効果がわからないとつづけにくいですよね。まして美白化粧品は高価なものが多いので、せっかくならモチベーションが維持できるときに投入したいものです。

夏の影響が秋に出てくる

女性は夏に老ける、という言葉を聞いたことはありませんか?暑いからと保湿をおろそかにしたり、日焼けをしてしまったり、肌にダメージを与えることの多い季節。その影響が秋にごっそりやってくることが多いのです。夏はトラブルがなくても、秋になった途端にシミができた!という声も例年のように聞くもの。夏にサボってしまった自覚のある人ほど、秋は美白の集中ケアを!

おわりに

美白化粧品はさっぱりしすぎて秋冬は使えない、というのは古い話。今は高保湿ながら美白効果の期待できるアイテムがたくさん登場しています。上手に取り入れ、秋冬も真っ白なきれいなお肌をキープしましょう。