修行僧に学ぶ、美肌とダイエットに良い簡単断食にチャレン ジ

禅寺で修行をはじめた雲水(見習いの僧)は、およそ半年ほどで、皆、肌がみちがえるほど美しくなると言われています。白く、きめこまやかな、豆腐のような皮膚に変わるとのことですが、ほぼ全員が男性ですから、化粧品を用いたスキンケアは、一切行っていません。にもかかわらず、内側から発光するほど、なめらかな肌質になるのは、その独特の食事のおかげだと言われてます。

小食と美肌の関係

精進料理は敷居が高い!?

「殺生禁断」の雲水たちの食生活は質素。食べ盛りの青年が、肉も、魚も抜きの野菜中心の食生活を送っています。もちろん、栄養失調にならないように、豆腐やごまは、しっかりと摂っているのですが。
また、刺激物や嗜好品などの、消化に負担がかかるものも食べられません。
修行をはじめたばかりのときは、ひもじいおもいをしたり、やつれる雲水も少なくありません。が、3ヶ月から半年が経過したころには、少量の食事で満足できるように、体が順応しているのです。

朝食抜き断食

とはいうものの、宗教上の理由もなく、日々のおつきあいもある、私たちが、ダイエットと美肌のためだけに、彼らの生活を真似するのは非現実的ですよね。
けれども、あえて、空腹の時間を長くする「半日断食」を行えば、同様の効果が得られます。
もともと、就寝している時間は、何も食べていないので、胃腸が休息しています。しかし、起床すると消化器は、まだ活動状態に入っていないにもかかわらず、義務で朝食を摂っている方は、多いのではないでしょうか。
朝ごはん抜きは太るという強迫観念から、無理に食べていませんか?
残念ながら、実はこれは逆効果なのです。せっかく、前日の夕食後から10時間前後、体内を休ませていたのですから、よほど空腹ではない限り、朝食はパスしましょう。
○断食のメリット
胃をからっぽにする時間を増やすことで、まず排泄がスムースになります。半日ほど断食をすると、お通じが良くなり、新陳代謝が促進されるからです。
そして、各種栄養素の吸収は、アップするため、結果として、肌の質感が変わってくるというように、好スパイラルになるのですね。
N811_aozoratokumo-thumb-815xauto-14643[1]
食べる量を減らさなければと、考えるとフラストレーションが溜まります。ですが、あまり食欲がないときに、自然の欲求に従うのは、むしろ気持ちが楽になります。修行なら不謹慎ですが、私たちは、美容の目的ですから、無理をせず、楽しく続けられる範囲でがんばりましょう。