確認した!?アートメイクのリスクとデメリット

女性に生まれて損をしたと思う事を挙げるとしたら何を思い浮かべますか!?生理時の辛い痛みでしょうか、それともスッピンで出歩けないという不便さでしょうか。眉毛がもう少し綺麗に生えていたらスッピンも怖くないかもしれません。アイラインを引く必要がなければ朝のメイクも楽になるでしょう。しかし安易にアートメイクを行う事はとても危険です。

アートメイクってどんなもの!?

アートメイクとは皮膚を着色する行為です。タトゥーと混同しがちですが、着色してゆく皮膚の深さが異なります。深さのあるタトゥーは永久的に消えることはありませんが、浅い部分を着色するアートメイクは3年を目安に徐々に色が薄くなるという特徴があります。

知っておきたい!アートメイクのデメリット

アートメイクは便利なものですがデメリットもあります。徐々に薄くはなっても自然の状態で完全に消える事はありません。流行のメイクが変わったからといって描きかえるわけにはいかないのです。色味が不自然になる事もあります。また加齢等によって皮膚の位置が変化するとラインがズレている印象になってしまいます。

確認した!?アートメイクに潜む危険

アートメイクの危険性は「どこで施術を受けるのか」という点に現れます。本来は医師免許を持つ人のみが許されている行為なのですが、医師免許を持っていない人が施術し肌トラブルを招いているというケースがとても多いのです。「専門店」とか「経歴○年」「プロ」という言葉で集客をしていても安易に信用してはなりません。
このような知識がないまま悪質な業者を利用するとどうなるのでしょう。誤った知識と技術によって後悔してもしきれないような顔にされてしまうのです。「レーザー等で消せる」と思っている人もいるようですが、誤って行われたアートメイクは簡単に消せるものではありません。

心構えがあれば上手く利用出来る!

もちろんアートメイク自体に問題はありません。危険性やデメリットを理解した上で利用すればとても便利で優れたサービスになります。医師免許を持っているのか、十分な設備があるのかといった事を調べてから利用するようにしましょう。

変化する自分と向き合おう!

人の顔は毎日のように変化します。顔のむくみや加齢によって変化する事が普通なのです。それをマイナスに取るとつまらない毎日になってしまいます。変化する自分を受け入れれば、それを活かしたメイクを施す事が可能になります。自分と向き合う事で更に魅力的な「私」を探しましょう。