リハビリを応用して、おなかぽっこりを解消

痩せていても、おなかがぽっこりとしていると、スマートには見えないですよね。
でも、だからといって、部分痩せするのはむずかしいですし・・・。
そんな悩める女子にぴったりの方法がありました!!
それは、とても簡単な方法ですが、効果はバツグン!
リハビリの現場でも実践している方法を取り入れた、シェイプアップの方法なのですから。

いつでも、どこでも実践できる?!

ドローインとは?

ドローインって知っていますか?
聞き慣れない言葉ですが、これは、腰痛改善のためにおこなうリハビリを目的にした理学療法です。
しかし、治療としてだけではなく、健康運動指導士の植森美緒さんたちが、おなかのシェイプアップに効くと、ダイエットの方法として提案しました。

やり方はかんたんですが、時間と場所を選ばずトライできるため、たくさんの人たちに現在支持されています。
ぽっこりおなかだけでなく、頑固な便秘や、おなかのハリに悩む女子もぜひ、チャレンジしてみてほしい、おすすめのダイエット法だといえるでしょう。

ドローインとは、どのように行うの?

いたって単純な方法ですし、誰でも時間を選ばず行うことができます。
まず、しっかりと姿勢を正した状態で、出来るかぎりおなかを大きくへこませます。
そして、呼吸をとめないで、この状態をおよそ30秒間キープしてください。

おなかをへこませることによって、身体の側面や背中側の筋肉もまんべんなく意識することができます。つまり、身体の表面の筋肉だけでなく、深層・つまりインナーマッスルにまでアプローチできるため、シェイプアップと同時に、筋肉トレーニングにもなり、ヘルシーになれるのですね。

さらに嬉しいことに、継続してくうちに、冷え性や便秘が改善したり、所作・立ち振る舞いが美しくなるなど、さまざまなメリットがありますから。
おもな目安は、1日5セットからですが、体力やコンディションに応じて、調整しながら行うとよいでしょう。