”飲む美容液”甘酒のアレンジ4選

飲む美容液””飲む点滴”と言われる甘酒。

そのすばらしい成分から、疲労回復効果や美肌効果が期待されています。
amazake

甘酒の主な効果と成分は前回お話しましたね。

今日は、この甘酒のオススメの活用方法をお伝えいたいします。

もちろん、今回もお話しするのは酒粕で作られたものではなく、”米麹”から作られた甘酒のことですよ。

アレンジ1 豆乳割り

一番ベーシックですが、甘酒の豆乳割り

冬の寒い時期は、豆乳を温めて甘酒とわるのがオススメです。

調製豆乳には砂糖などが入っていますので、無調整の豆乳でわるのがいいでしょう。

天然の甘みで、お砂糖など入れなくても十分おいしいですよ。

 

アレンジ2 スムージー

米麹で作った甘酒は、酒粕で作られたものほど癖がないのでとても飲みやすいです。

なので、スムージなどに入れても邪魔をしないのでオススメ。

これからの時期はいちごスムージーもおいしいですね。

5d45f9212017c760db223135b10d8cca

今流行りのグリーンスムージーでもおいしくいただけますよ。

 

アレンジその3 りんご甘酒

冬においしいリンゴ。

そのりんごをすりおろし、甘酒とまぜることで、とてもおいしいデザートになります。

りんごにも整腸作用がありますので、便秘解消にものすごい効果が!!

朝一番に、朝食として食べるのもオススメです。

私は朝りんごと甘酒をミキサーにかけて、息子と一緒に食べています。

 

アレンジその4 ドレッシングにも

甘酒は自然の甘みですので、お料理にも使えます。

煮物などに砂糖やみりんの代わりに使うのも良いですが、

オススメなのはドレッシング。

こちらもはちみつや砂糖の代わりに使うだけ。

甘酒と醤油、オリーブオイルをまぜるだけで、とってもおいしいドレッシングになりますよ。

 

甘酒はカロリーも低く、代謝をあげてくれたり腸を整えてくれるのでダイエット効果も気体できます。

ダイエット中のおやつとして飲むのもオススメですよ。

ぜひ試してみてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

山崎 舞子(メロディ)

Sweet MaMa Lifeクリエイター&コーチ 自分を知って、満たして、活かして、魅せる♡育児も夢も仕事もスルリとこなす。 美しく豊かに生きるための情報を発信。 一児のママでありながら、事業家でもある。内側も外見も美しくいるために、食事、ファッション、メイクなどで自分を“魅せる”メソッド。