食べるだけで老化する!?できれば避けたい食べ物とは?

あなたの身体は、あなたが食べたもので作られる。よく聞く言葉ですし、とても大切な言葉です。理解はしていても、毎日粗食ではさみしいですし、たまにはジャンクなものも食べたくなってしまいますよね。だけど、食べるだけで老化してしまうものがあるって知ってましたか?いくら口さみしくても、これだけは口にしないほうがいいんです!

「食べるだけで老化する」とは?

「糖化」という現象が起こると、お肌のターンオーバーが乱れ、ごわつきや乾燥が目立つようになります。また、影響はお肌だけでなく、糖化が進むと骨粗しょう症や認知症など、将来的な大病につながっていくことが。
この糖化を促進させてしまう食べ物をご紹介します。

炭酸飲料

ただの炭酸水であれば問題ありませんが、ここに砂糖が加わった甘いジュースになると大問題。飲むだけで身体が脱水状態になり、老化を一気に進行させる恐れが。
また、同じような分類でエナジードリンクもかなり危険。宣伝効果からか、飲むと元気になれるような気がしますが、エナジードリンクの多くは甘い炭酸飲料。歯のエナメル質を溶かし黄ばみの影響にも。

揚げ物

ダイエットを理由に避けている人も多いかもしれません。しかし、節制を心がけた食事をする際、一番に誘惑になるのがこの揚げ物。
揚げ物は肌の中のコラーゲンを破壊し、お肌に悪い影響を与えます。また、惣菜などの揚げ物は古い油を使いまわしていることが。酸化した油はアトピーなど肌トラブルの原因になりえます。揚げ物は基本的に避けるのがベターです。

おわりに

美肌の話のとき、抗酸化作用という言葉がよく出てくると思います。これは、酸化というお肌をサビさせる現象を抑える働きのこと。反対に糖化とは、お肌をコゲさせるようなもの。老化へのスイッチを一気に入れてしまうのだそう。毎日のスキンケアも、きちんとした食事をとらないことには台無し。誘惑に負けず、あまりよくないものは摂らないように気をつけましょう。