3分で出来る!パーツ別お直し術マスターで1日中キレイ

まだまだ暑い日が続いていますね。そこで気になるのはやっぱり「化粧崩れ」。ベースメイクに気を使って、薄めのメイクでお出かけの方も多くいらっしゃるかと思います。ただでさえ忙しい日常なのにお化粧直しにも時間を割く・・・効率よくリカバリーしたいものですよね。というわけで、今回は、離席してもパパッとキレイに復活できるポイント別メイク直しについてご紹介します。

午後の顔で気になるのはどこか?

朝はしっかりメイクしたはずなのに、気づくと落ちている箇所といえば

①ファンデーション②眉毛③リップ④マスカラ・アイライン

原因は皆さんご存知の通り皮脂や汗です。夏場は特に崩れやすいものですが気づいた時に、崩れ具合が軽い段階で直してしまえば化粧崩れも簡単!ばっちりメイクをしていても怖くありません。

ポーチにこれさえあれば大丈夫!

IMG_7342

①UV機能つきフェイスパウダー 

SPF20〜30くらいあれば充分です

②使い捨てカットスポンジ

100円ショップで売っているようなものでOK

③筆ペンタイプのコンシーラー

小さい直しには最適アイテム

④アイブロー

ペンシルタイプかパウダータイプ。両方あれば尚◎

⑤グロス

美容液成分のあるもので日中もメイクしながらリップケア

パーツ別お直しテク

顔全体と目周り

①使い捨てのカットスポンジの角に筆ペンタイプのコンシーラーを付けて、アイメイクの崩れをオフ。目周りでよれている部分も拭いながら滑らせます。残りのスポンジの白い部分はTゾーンや小鼻の横など皮脂が気になる部分に当てて利用します。

②筆ペンタイプのコンシーラーを下まぶたのくまゾーンに引いてスポンジで馴染ませます。

③最後にパウダーで抑えて完成です。

 眉メイク

スポンジで皮脂を抑えてからアイブロウパウダーをのせてマットな状態にしてからアイブロウペンシルで描き足すのがポイントです。

リップ

筆ペンタイプのコンシーラーで下唇のサイド(口角のくすみ部分)をカバーします。スポンジで馴染ませてから美容液成分の入ったグロスで仕上げて午後を過ごします。

忙しい環境でも、この5つさえあれば化粧崩れも怖くありません。小さな崩れのうちにササッと直して美人印象を復活させましょう。