有酸素運動・無酸素運動・ストレッチ、それぞれの目的や違いとは?

ダイエットだけではなく、健康的になるためにも「運動」をすることがあると思いますが、運動にも目的や用途がそれぞれ違います。今回は各運動の違いについて少しだけご紹介したいと思います。

運動の種類

運動は大きく分けて3つの種類があります。
・有酸素運動
・無酸素運動
・ストレッチ
これらの運動は、それぞれ目的や用途に違いがあります。

各運動の目的とは

それでは各運動の目的についてご紹介します。

①有酸素運動
有酸素運動は呼吸をしながら行う運動で、ストレスを発散しやすく、脂肪燃焼効果があります。ウォーキングやジョギング、ダンスなどが代表的な有酸素運動です。

②無酸素運動
無酸素運動と聞いて真っ先に思いつくのは筋肉トレーニングかと思います。無酸素運動は身体の筋肉量を増やし、基礎代謝を上げて太りにくい身体を作ります。身体にハリを持たせ、ボディラインを整えます。ダンベルやジムにあるトレーニングマシンを使ったトレーニング、自分の体重を使って筋肉に負荷をかけるトレーニングなどが代表的な無酸素運動です。

③ストレッチ
ストレッチは筋肉の柔軟性を高め、関節可動域を広める働きがあります。運動前後に行い、ケガをしにくい身体を作ります。

もし体重や体脂肪を減らしたい場合には有酸素運動を行いましょう。ボディラインを整えたい時には筋肉トレーニングをすることで、引き締まったボディラインを作ることができます。
有酸素運動と無酸素運動を同時に行う場合は、順番がポイント!先に無酸素運動をしてから、有酸素運動をしましょう。無酸素運動をすることで成長ホルモンの分泌量が増えて、脂肪が燃焼されやすい状態になります。そのあとで有酸素運動を行うと、より脂肪燃焼効果が得られます。

いかがでしたか?各運動の目的や用途はそれぞれ違います。自分が改善したいのは何かを考えたら、その目的に合った運動を選択していきましょう!