-19kgダイエット成功者監修!仕事が不規則な人のためのダイエット方法とは

残業が多くて、飲食業で帰りが遅くて、休憩時間がシフトによって変わる…、ごはんの時間が不規則…、晩御飯が早い時間なんて無理っ!などなど、仕事が忙しくて、またはシフト制で不規則だとダイエットできない…そんなふうに感じられている方多いのではないでしょうか?筆者はもともと167㎝の身長でMAX65㎏もあった体重をダイエットで今の46㎏にまで落としました。その時に思ったのが、自分に合ったダイエットが一番いいということでした。今回は仕事が不規則な方でも取り入れやすいダイエット方法をご紹介します。

お水、または炭酸水をこまめに飲む

お水を飲むと、2つのダイエット効果を得られます。

・デトックス効果

水分が体内に十分に取り入れられると、体液の循環がスムーズになるため脂肪や体外物を排泄することができます。水分不足になるとお肌に潤いもなくなってくるので、アンチエイジングの面でも水分をとることはお勧めします。

・代謝が上がる

体内でのエネルギー燃焼には水分が必要になります。体内に十分な水分があれば、エネルギーに代えやすい(脂肪になりにくい)身体を作ることが期待できます。つまり、代謝アップにつながるわけです。

これに加えてより一層ダイエット効果を得られるのが炭酸水です。炭酸水についてのダイエット効果はこちらに詳細を書いてありますので合わせてお読みいただければと思います。
一日1.5ℓ以上飲むのが理想だと言われていますので
意識してこまめに摂取するようにしましょう!

こまめに食べる

仕事で残業になりやすい、シフト制で…という方におすすめなのがこちら。空腹時間が長いと血糖値が次の食事で上がりやすくなってしまうため、どうしても太りやすくなってしまうんです。なので、仕事中に一工夫。おしゃぶり昆布、カリカリ梅、などの低カロリーおやつを仕事が終わる時間と休憩後の中間に食べておきます。低カロリーおやつなので、カロリーを気にする必要もないですし、罪悪感も感じずに食べることができます。よくダイエットのお話に出てくるナッツ、ドライフルーツは糖分や油分、カロリーが高いので控えましょう。晩ご飯の時もいつもよりお腹が空いていないのでドカ食い防止にもなります。

晩ご飯だけ炭水化物を抜いてみる

炭水化物が大好きな方には辛いダイエットになるかもしれませんが、即効性のあるのがこちら。夜遅くに帰ってきて内臓はもう睡眠モードなのでエネルギーではなく炭水化物は脂肪になりやすいのです。よって、夜だけでも炭水化物を抜くのは血糖値が急上昇しにくいことと、脂肪に変わりやすい栄養素を夜だけ摂らないとういことから即効性ダイエットに効果的です。晩ご飯はサラダとスープだけというメニューになってしまいますが、朝身体が軽くなったような感覚はきっとダイエットを前向きにしてくれるはず。

野菜から食べる

炭水化物や主食から食べてしまうと、血糖値が急上昇してしまい脂肪に変わりやすいのでまず野菜から食べましょう。野菜は血糖値を急上昇させにくい低GI食品が多く、最初に食べておくことによって脂肪に変わりやすいのを防ぐ効果が期待できます。

冷えないようにする

身体を冷やすと基礎代謝が下がることは医学的に証明されていてそれだけでなく、冷えをほおっておくと胃腸器官の働きも弱めてしまいせっかく栄養素を摂取したのに、吸収されないということにまでなってしまいます。お水は常温で、身体を温める飲物を飲んだり、お風呂にゆっくりつかるなどをして、身体を冷やさないようにしましょう。

おわりに

今回、そんな仕事が不規則な人のための様々なダイエット方法をご紹介しましたが、すべてを行おうと思うとストレスになって長続きしなかったりリバウンドの可能性が出てきてしまいます。何点かあるうち、少なからず2、3点、自分にこれは合うなと思ったものを続けるだけで、身体は変わってきますし、ダイエットに効果的です。よかったもの、いいとおもったものを取り入れてみてください。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です