【STOP!目元ブス】 目の下のクマにはカシスがいい3つの理由

皆様、目の下のクマを見るたびにため息つかれていませんか?女性の3人に1人は悩んでいると言われている目の下のクマ…。目のクマがひどければそれだけで顔が暗く見えてしまったり、輝きのない目元に見えてしまいがちですよね。それだけでなく、目の下のクマは老けて見られることも!!とはいってもお化粧ではなかなか隠し切れない目の下のクマ…。朝、コンシーラーで隠しても夕方には崩れてきてクマがひょっこり顔を出していてお疲れ顔モード…なんてこともしばしば。何故クマはできるのでしょうか?

おさらい!何でクマはできる?

クマは種類によって大きく原因が違います。青いクマであれば血流の低下、茶色いクマであれば色素沈着やくすみが原因、目元のむくみやたるみが原因の黒クマ…。ただ多くの方が悩んでいるとされているのが青クマ。目の下の皮膚は身体のあらゆる部分の中でも特に薄く、0.6mmと卵の薄皮程度しかありません。よって皮膚の下の血管の色が見えてしまい、様々な要因で血流が悪くなれば血液中の酸素が欠乏状態となり、ヘモグロビンが暗赤色になって、目の下が黒ずんで見えてしまうのです。その血流が悪くなる要因は様々で睡眠不足、ストレス、長時間パソコンを見ることによって生じる眼精疲労、女性に多い冷え性、ホルモンバランスの乱れ、喫煙などが挙げられます。これらの要因は仕事をしていたり女性である以上避けがたいものばかり…。そんな諦めの方必見!目の下のクマにはカシスがいいのです!

 

クマにはカシスが効果的な理由3つ

言わずと知れたスーパーフルーツのひとつのカシスがどうしていいのでしょうか?

・カシスアントシアニン

カシスに含まれるポリフェノール、「アントシアニン」には細い血管を拡張し、血液循環をよくする働きがあります。末梢血管(一般的に足や手の血管のことを指す)の血流を良くしてくれ、その効果は眼の眼球にまで及びます。また、アントシアニンには目の働きを高める効果や、眼精疲労にも効果的であるとされています。目のピント調節機能を維持してくれ、疲れにくくしてくれるため、目の下のクマの予防にも効果が期待できます。

・即効性がある

カシスにはブルーベリーにはない2種類のアントシアニンを含んでいます。このカシスに含まれるアントシアニンは個人差はありますが、摂取して15分で効果があると言われています。さらにその効果は8時間も持続するそうです。実験でもその効果は証明されており、カシスアントシアニン50mgを含有したドリンクを女性33人に飲ませて目元の血流を測ったところ、15~90分で血液量が3~8%増加、実験後の聞き取り調査でも7割が「クマが改善された」と答えたんだそうです。また、顔全体の血流がよくなるため、顔の血色改善にも効果が期待できます。このカシスアントシアニンの素晴らしい即効性の科学的根拠は今、研究段階だと言われています。

・アントシアニンの効果を高める成分が豊富

カシスにはアントシアニンが2種類入っているだけでなく、アントシアニンの効果を高める成分がバランスよく含まれています。ブルーベリーとその他成分を比較すると、ビタミンCは約34倍、β-カロテンは約1.5倍、鉄分は約2倍、亜鉛は約5倍、カリウムは約3.5倍となっています。ビタミンCは美肌と切ってはきれない縁ですし、カリウムはむくみの改善に効果的、亜鉛は細胞の修復能力には欠かせません。美容成分が多いのもカシスの特徴ですね。

どう摂取する?

お酒のカクテルにカシスが使われていることも多いのですが、量を飲むのはよくないですよね。今、海外セレブを中心として日本でもスーパーフルーツのブーム!粉末状態のカシスパウダーというものが販売されているようです。手軽に摂取でき、ベリー系の味で美味しいんだそうですよ。また、カシスドリンクも販売されています。

おわりに

青クマの要因は仕事をしているとどうしても避けがたいものが要因であったり、女性であれば要因になりやすいものが多く改善するのが難しいですよね。でもカシスなら手軽に摂取でき、即効性もあるとされているので忙しい女性でも期待できそうですね。夕方になってもお疲れ顔になっていない綺麗なあの人はもしかしたらカシスを」取り入れているかもしれません。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です