食べちゃダメ!でも… ダイエット中にオススメなお菓子と食べる時のポイント

ダイエット中の食事制限、お菓子はカロリーが高いから我慢!と、頑張ったものの、途中で辛くなってしまった…という経験がある人は多いのでは?
確かにカロリー計算をして食事制限をするのは、ダイエットをする中で大切な事ですが、我慢ばかりしていたらストレスも溜まり、ある日突然爆発して暴飲暴食、見事にリバウンド…と、なるケースは珍しくありません。
ダイエットの一番の近道は《続けること》です。その為には、適度な息抜きも必要ですよね。なので今回は、ダイエット中にオススメなお菓子と、食べる時のポイントをご紹介します。

ダイエット中でも食べてもOKなお菓子

ナッツ

ナッツは食物繊維が豊富です。そして、ナッツに含まれる不飽和脂肪酸がメタボ予防に良いと言われています。

ドライフルーツ

生のままよりも、まず噛む回数が増えることから、満腹中枢が刺激されます。

和菓子

和菓子は洋菓子に比べ、カロリーが低めです。そして、脂質も少なめなので、同じように甘いお菓子でも洋菓子よりも脂肪に繋がりにくくなります。

ヨーグルト

便秘などにも効果的なヨーグルトは、ダイエットにも嬉しいおやつです。でも、お砂糖をたっぷり入れて甘くすると、一気にカロリーは高くなってしまうので、プレーンの物などが好ましいです。

カロリーを計算しておやつを選ぶ

一日100kcal程度ならお菓子を食べてもさほど問題ではありません。好きなお菓子をこのカロリー内で収めて食べるのも良いでしょう。

【“15時のおやつの時間”をうまく使おう】

私たちの体内には、摂取したものを脂肪にして蓄えようとするBMAR1(ビーマールワン)というタンパク質があります。このBMAR1の活動は、時間によって活発になったり、弱まったりしています。
この活動が弱まる時間帯が、15時頃です。同じものを食べるにしても、BMAR1の活動が弱まっている時に食べた方が脂肪になりにくいので、お菓子は15時頃に食べるようにして、食べるお菓子もカロリーを計算するなど工夫すると、より良いでしょう。

【何事も⚪︎⚪︎し過ぎは禁物】

冒頭でも書いたように、我慢のし過ぎはダイエットの失敗に繋がります。ですが、 「これなら食べても大丈夫」「この時間なら何食べても大丈夫」と、食べ過ぎていては意味がありません。
我慢も息抜きも適度にして、ストレスを溜めない工夫をしながらダイエットを継続させていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です