【発見】ホットヨーグルトで美味しく美肌になれる方法が存在した

美容と健康のための美味しい食べ物の定番、ヨーグルト。ブルガリア地方で「豊富なカルシウム源」「整腸作用」ということから長寿食とされています。腸内環境を良くすることは、美肌にも繋がるということで「菌活」を心がけている女性も多いですよね。最近では花粉症やアトピー、免疫力アップにも効果的という説もあります。価格的にも安定しているヨーグルトですが、いつもと食べ方を変えるだけで更に効率よく、有効成分が吸収することが可能なのです。温めて食べる「ホットヨーグルト」をご存知でしょうか?

ヨーグルトとは

もともと牛乳の中に含まれるカルシウムやタンパク質が発酵によって人間によって吸収され易くなるのです。ヨーグルトは発酵食品なので、牛乳に比べて吸収されやすいのです。ヨーグルトが体に与える影響として重要な役割を担っているのが「乳酸菌」。乳酸菌はビフィズス菌(腸内の有害物質を減らす善玉菌)を増やす働きがあり、コレステロールや中性脂肪の減量に加え、腸内環境を整えて便秘解消に役立ちます。腸内の悪いものや老廃物が排泄され、ニキビ・シミが現れにくくなるという美容効果が期待できます。

ホットヨーグルトとは

温めたヨーグルトのことです。とはいえ、熱々のヨーグルトというわけではありません。40℃前後に温めたヨーグルトの事を「ホットヨーグルト」と呼んでいます。「ホットヨーグルト」は冷たいヨーグルトと違って腸の機能を活発にしてくれるのです。冷蔵庫から出したヨーグルトは内臓を冷やして腸の働きを弱め、カルシウムの吸収率を低下させてしまいます。

▪️「ホットヨーグルト」はカルシウムの吸収率をUP

▪️体内に脂肪を蓄積する働きのある副甲状腺ホルモンの産生を抑制

▪️乳酸菌の働きで免疫力アップ。風邪予防にも◎

ホットヨーグルトの作り方

★材料(1人分 124kcal 塩分0.1g)

  • ヨーグルト…100ml ※無糖
  • はちみつ…大さじ1
  • 水…大さじ1

ヨーグルト100mlを耐熱容器に入れて、はちみつを入れてレンジ(500W)で40秒ほど加熱(ラップなし)

なめらかになるまでかきまぜればOK。

食後に食べるのがおすすめです。食後だと胃の中に入っている食べ物で胃酸が薄まっているので、乳酸菌が生きたまま腸にたどり着きやすくなります。

ヨーグルトの乳酸菌は40℃前後で最も増殖しやすくなり、60℃なら30分、100℃以上になると数秒で死んでしまいます。加熱しすぎないように注意しましょう。

美味しく食べて、美容と健康のために続けたいものですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です